2004年9月28日 ■良いコーギー・悪いコーギー の巻

b0028270_1836383.jpg

夕方 旦那がいつもの散歩コースをガブリーヌと歩いていると

見知らぬ老夫婦がにこにこしながら近づいてきたそうです。


そして初対面の旦那に
「○○さんちの犬でしょ。」とフレンドリーに話し掛けてきたらしい。

ご近所でもう二軒コーギーを飼ってる家があるのです。
どうやら そちらのわんこと間違えている模様。

犬違いされているのだなと思った旦那は
「違いますよ」ときっぱり否定。

しかし この夫婦
「昨日も 頭 撫でてあげたんだよね」と どんどん近づいてくる

犬じゃなくて飼い主をみろよ。
この男(旦那)が○○さんじゃないって 人間の顔を見れば
すぐわかりそうなものなのですが
この夫婦にはコーギー飼ってる イコール ○○さん
という公式が成り立っているらしく
全然夫の否定が耳に入らない模様。

「いえ、違いますから。この犬 噛みますよ」
って 接触しないようにリードを短く持って 必死でいってるのに 

おいで おいでと ひらひら 手を出してくるので

ガブリーヌが 興奮して がうがう吠えて
もう大変だったらしいです。

うちのガブリ-ヌは、見ず知らずの人に
なでなでなんて絶対させません。
弱い犬ほどよく吠えるっていいますでしょ。

もう大暴れですわ。

そうかー世の中には
他人に頭をなでなでされても怒らない
大人しくてお利巧さんなコーギーもいるのですね。(遠い目)


危険なので ガブリーヌのお散歩は 人目をしのんで行っています。

「触るな危険」と書いて散歩しなければいけないかもしれない
大熊猫家なのですた。
[PR]
by miri819 | 2009-03-09 18:38 | がぶりいぬ | Comments(0)
<< 2004年9月 ■大好きの巻 2004年9月28日 ■月とコ... >>