消えた手帳の謎

物語は金曜日の朝から始まります。

その日 江戸に出張のパパさんは
スーツでお出かけの準備中

留守の間にパパさんの着用している上着でも洗ってあげようと
妻(わたくし)は上着のポケット中を調べて
中から手帳とボールペンを取り出したわけですよ。

でも勝手に洗って叱られてはかなわないので←そういう人
「これ 洗っていい?」と お出かけ前のパパさんに一声かけると

「まだ洗わんでいいっ!」と拒否られました。

ああ、そうですか 出過ぎた真似をして申し訳ありませんでしたと
再び 上着のポケットに 先程取り出した手帳とボールペンを再び入れました。

「パパってすぐ激高するよね~」
その様子を見ていた次女@ミリにあきれられていたわけですが。

月曜日、その上着に入っていた手帳がなくなったというのです。

どこを探してもないと。
車の中まで大捜索するパパさん。

マジで?
いやいやいや 
わたくしが手帳を上着に戻したところ 次女@ミリが目撃してるし。
そんなわけないでしょ。

入れ方が悪くてポケットから落ちたのかな?

慌てて いっしょに探したのですが 見つからない。

母ちゃんが一度出したからなくなったと言わんばかりの様子のパパさん。

それは余計なことをしちゃったね ごめんごめんと謝りながらも

「ないと思うけど もう一度 その服確かめさせてもらえる?」

「あるわけないだろっ」

「一応 一応」と

パパさんが着用している上着のポケットを確認させてもらうと

胸ポケットに 四角い違和感


これは?

出してみると パパさんがなくなったと騒いでいた手帳でした。

おいっ!(怒)

あれ?(汗)苦笑うパパさん。


ポケットが多い服なので(5個ある) 
胸ポケットはノーマークだったのでしょうか?


b0028270_21304530.jpg

ずっこけるコーギー

あきれて 笑うしかない大熊猫母さんなのでありました。

まとめ
被害者が犯人だったというお話。
おとなしくて親切な妻は冤罪。
[PR]
by miri819 | 2016-02-08 21:43 | 家族の肖像 | Comments(6)
Commented by kerotec at 2016-02-08 23:41 x
閻魔帳に油性マジックで書いておいて、何か言われたら言ってやりましょう。
以前「お腹空いた」と言って「水でも飲んでろ」と言われた事をしつこく覚えている私。1.5合飯を食べた直後に「腹が減った」というヤツに「水でも飲んでろ」と言うと静かになります。
Commented by まるおけつ at 2016-02-09 23:53 x
あるあるー!そう言う事!
探しべたの人って いますよねー。
わたしなら、確実に勝手に洗いますね。
手帳は…百歩譲って 後の洗濯機の始末が大変なので出します、かね。
妄想ですが(-_-)
Commented by こぎみ at 2016-02-10 08:56 x
同じく あるあるー!

私、勝手に洗い、哀れクシャ濡れになった紙にアイロンをかけました。
Commented by miri819 at 2016-02-10 22:11
kerotec さん

そうそう 書いておかないと忘れちゃいますからね。

>「水でも飲んでろ」と言うと静かになります。

kerotecさんは沈黙の呪文を覚えた。
Commented by miri819 at 2016-02-10 22:13
まるおけつさん

>わたしなら、確実に勝手に洗いますね。

勝手に洗うとうるさいので
聞くことにしています。
Commented by miri819 at 2016-02-10 22:14
こぎみさん

>クシャ濡れになった紙にアイロンをかけました。

溶けてなくてよかったですね。
<< ねっころがり~ぬ お雛様 >>