エリマキコーギー

日曜の午前中
ガブリーヌがなにやら首に巻いて
パパさんのいる寝室の前で鎮座していました。
b0028270_5571724.jpg

何を巻いているのか?と思ったら
梱包用のプチプチ緩衝材でした。
リビングにちょうど筒型に切れていた緩衝材が落ちていたので
おっこれをガブリーヌにかけてみたらどうだろうと
いたずら娘の次女@ミリが
ガブリーヌの首にかけてやったそうなのです。
b0028270_5574934.jpg

いつもは、子ども(ミリ@小学生)が近づくと
うざそうに威嚇する『子ども嫌い』なガブリーヌなのですが
今回は、おとなしく首にかけてくれたそうです。

その後、てててててっとパパさんのいる部屋の前で座り込みを始めるという
謎の行動を起こすガブリーヌ

ははーん
やつめ 
どうやら首に通された緩衝材を首輪とカンチガイした模様です。

家の中で飼われているガブリーヌなので
首輪を装着するのは、お散歩のときだけなのです。

首に装着=お散歩 の公式がガブリーヌの頭の中で閃いたのでしょう

”さあ、パパさん お散歩しましょうよ。お散歩”

朝のお散歩はもう先ほど一度行っているので
2回目ということで 控え目にパパさんのいる寝室にアピールしに来ていたのですね。


お散歩も2回目は、そっとだし の心境だったようです。


いとあはれなり。
[PR]
by miri819 | 2007-05-21 06:03 | がぶりいぬ | Comments(2)
Commented by 山猫 at 2007-05-22 09:12 x
まさに、パブロフの犬ですね。
しかし、太い首輪だな(笑
ムチウチのコルセットかと思ったよ
Commented by miri819 at 2007-05-23 07:09
彼女なりにいろいろかんがえているようです。
ガブリーヌ。

飼い主が、おばかさんなのでこんな犬に育ってしまいましたが
しっかりした人に育てられたら うんと賢いコーギーになっていたと思いますのに。。。。

悔やまれてなりません。

<< ソファの女王 朝の光に包まれて >>