さよなら携帯電話

長年使用していたわたくしのガラパゴス携帯が
いよいよ おかしな調子になってきたので
(声が聞こえない・突然切れる)
電話屋さんにいって ついにスマホデビュー致しました。

でも設定から難しくて 全然使えません。
やはりおとなしく
らくらくスマホにしておけばよかったのでしょうか?

そんなわけで 本日は、スマホと格闘中←パパさんが。
まだ、メールもできない状態であります。

仕事に差し支えるので
月曜日までにはなんとかしていただきたいものです。←ぱぱさんに
↑他力本願


”自力でがんばる気はないの?”
b0028270_22015308.jpg
あきれるエアーコーギーの図


[PR]
# by miri819 | 2018-04-13 22:04 | お買い物 | Comments(10)
明日でガブリーヌさんがなくなって一週間

あの頃のわたくしは驚いたことに
全然食欲がなくなっておりました。

全然お腹が減らないので
あまり食べなかったら
お葬式の日に量ったら4キロ減っていました。
(57→53)

でも見た目に全然変化がないので
家族誰も母がちょっと痩せたということに
気がつかない。

血圧は140から110ぐらいになりましたので
体重が減った効果はあったと言えます。

長年「ちょっと体重を落とせば 糖尿も心臓も全部良くなる」と言い張っていたので
(痩せないので証明できなかった)
今回は、証明できるかもしれません。

今は、食欲も出てきてしまったので
1キロ増えましたが←すぐ増える

あと2キロぐらい落として 
↑ちょっと痩せたのでやる気が出ている
健康診断でひっかかった糖代謝の再検査に行こうと思っております。

”私のおかげで健康的になれてよかったわね”

b0028270_21421971.jpg
長椅子の下に潜むエアーコーギー

[PR]
# by miri819 | 2018-04-12 21:46 | 美と健康への挑戦 | Comments(9)
ガブリーヌさんが旅立ってはや5日

土・日は、めそめそして
「母ちゃんがこんなに泣くなんて思わなかった」(←心がないから)
とパパさんに言われたわたくしですが


月曜日からは、ふっきれた(笑)

わたくしは もう元気です。
ご安心ください。←誰も心配してないよ。

生前からひとりの時間を大切にしていたガブリーヌさんなので
旅立った今も
姿が見えないだけで どこかその辺にいると思えば
全然平気なのです。

エサもトイレシートの心配もしなくていい
お財布に優しいエアーコーギーです。

甘えん坊のわんこだったら
一緒にいちゃいちゃした思い出がいっぱいで
思い出してはしょんぼりしてしまうところだったかもしれません。

ごはんの時間だけやってくる
クールなコーギーでよかったです。

大熊猫家の家族はというと
パパさんと長女@ぶたきょんのガブリーヌロスは、まだまだ健在(犬在)
という感じで
元気なく 深い溜息をつきつつ
朝に夜に思い出して ぽろっと泣いている様子です。

次女@ミリは
ガブリーヌさんの死に目に会えませんでした。
たぶん、ガブリーヌさんは 
妹分の(格下)ミリが死の瞬間に立ち会うのは
「あんたにはまだ早い」と思って
ミリのいない時間を狙って旅立ったのではないかと思うのです。
ガブリーヌさんに認められてなかった・・・
いつもガブリーヌさんに怒られていた次女@ミリは
「今度はミリが自分でコーギーを飼う」と新コーギー飼い主宣言

月曜日からおたくグッズであふれた穴蔵のような自室を掃除しはじめ
漫画や書籍やフィギュアを処分
前から邪魔だと言っていた学習机を解体
空いたスペースに
昔使ってたわんこのゲージを部屋に設置しておりました。

床が見えてるっ
b0028270_21352860.jpg


やつは本気だ・・・・

10年ぶりに掃除をしたそうです。

そしてこれからはカーテンを開けて清潔で健康的な生活をする
コーギーが飼えるようにお金を貯める

いままで窓はおろかカーテンも開けたことがなかった次女@ミリが
太陽と外の空気を部屋に入れ

お給料は趣味のグッズにすべてつぎ込んで貯金ゼロ
宵越しの金は持たない主義だった次女@ミリが
無駄遣いしないという
とても建設的な宣言をしておりました。

”これも 私のお陰ね”
b0028270_21352444.jpg
ドヤ顔のエアコーギー(笑)



[PR]
# by miri819 | 2018-04-11 21:51 | がぶりいぬ | Comments(12)

犬の葬儀

b0028270_21131357.jpg
ガブリーヌさんは お骨になって戻ってきております。

パパさんもわたくしも
宗教とか遺骨とかに興味がないので
ガブリーヌさんが亡くなったら
そのときは亡骸は市営の火葬場へ持って行って終わり
(市営は、立ち合いはできないシステム。置いてくるだけ)
という計画でした。

でもいざ、火葬となると
「骨も欲しい ちゃんとお別れもしたい」という人が
現るのですね。←長女@ぶたきょん

結局 ペット葬をすることになり7日土曜日の夜
遺骨を抱いて家に帰りました。

リーズナブルな市営火葬場コース推奨だったパパさんですが
いざ、うちの子の火葬となったら
内心もやもやしていたようで
ぶたきょんのペットガーデンで個別葬の提案に
ほっとしていたようです。

「やはりちゃんと葬儀してよかった。36000円は、安かった」
と言っておりました。



b0028270_21132599.jpg
翌日、コーギーのいないリビングに次女@ミリが
「サイズ感がいっしょだから」と うさーぎぃを設置してくれました。
b0028270_21133288.jpg
女優さんのいなくなったリビングが少しほっこり致しました。

b0028270_21133919.jpg
”サイズ感がいっしょだと? そんなに大きくないわよ” 
納得いかないガブリーヌさん


たくさんの優しいコメントありがとうございます。
コメントの数にびっくりです。
ガブリーヌさん じつは人気者だったのですね。
ぼちぼち返信させていただきますので
申し訳ございませんが 気長にお待ちください。

[PR]
# by miri819 | 2018-04-10 21:53 | がぶりいぬ | Comments(16)

女優降板

金曜日のガブリーヌさんは、朝から元気でした。

長女@ぶたきょんがお泊りにきていたので
ガブリーヌさんは明け方まで一緒

ガブリーヌさんは夜中に自分で起きて
トコトコ水飲み場に向かい
自分でお水をごくごく飲んだそうです。
飲み過ぎっと思ったぶたきょんは途中でお水を取り上げたそうです。

早朝からはわたくしと一緒でした。
元気な頃のようにリビングのテーブルの下をうろうろするガブリーヌさん。
b0028270_23182679.jpg
すごい回復力です。
瞳に輝きが戻っております。
b0028270_23182931.jpg
そのあと 廊下に出て しっこのポーズ
b0028270_23181796.jpg
あわてて そっとおしっこシートを細く折って
足の間に差し入れて
あうんの呼吸でおしっこキャッチするわたくし
b0028270_23182199.jpg
とても数日前 水も飲めない寝たきりコーギーだったとは
思えない回復ぶりであります。
↓数日前の寝たきりコーギーの図
b0028270_23181451.jpg
朝食も元気に食べてくれて
かりんとうのようなウンコもコロンと1個出してくれて
ずっと出てなかった便も出た~!!
すごい すごい~
嬉しい~!
家族一同狂喜乱舞でありました。

驚異の回復力に一安心

ガブリーヌさんが寝ている間に
「みんなの昼ご飯の材料買いに行ってくる」と
長女@ぶたきょんがお出かけしている間は
わたくしが
ぐーすか眠っているガブリーヌさんに付き添っておりました。

しばらくしてお昼寝から覚めたガブリーヌさんは

明け方のように水のみ場に。
飲み過ぎてはいけないと計量カップで200ccお水を与えたのですが
すごい勢いで飲み干して わたくしを不安にさせてくれました。
大丈夫か?
b0028270_18090375.jpg
そのあとはリビングで大人しく鎮座していたのです
b0028270_23175839.jpg
長女@ぶたきょんがスーパーから戻って
昼食を作りだして
しばらくしてから
お水をたくさんがーーーと吐き いきなり意識がなくなりました。

パパさんの運転で昨日診ていただいた動物病院に向かったのですが
間に合わず ぶたきょんの腕の中で
ガブリーヌさんは旅立ちました。


これからしばらくは、病状が良くなるかもと思っていたのですが
動物が死ぬ前に一時的に回復する現象だったようです。

病名が腎不全とわかって
そのまま不調で亡くなったら私が悲しむと思って
がんばってくれたのだと思います。

ぶたきょんがお買い物から戻ってくるのを待って
パパさんもぶたきょんもわたくしも家にいるお昼の時間に
あっという間に逝ってしまうあたり
流石ですよ。ガブリーヌさん。

死亡確認してくださった獣医さんは(昨日とは別の先生)
「とても病気をしていたとは思えない綺麗な子でしたね」と
褒めてくださいました。

ちょっと前までよろよろだったのに
1日で元気だった昔の姿に戻って ぴかぴかで旅立っていくなんて
素晴らしすぎ

わたくしが寝込んだガブリーヌさんを介護したのは
たった2週間ぐらい。

呼吸困難ではぁはぁして衰弱していくガブリーヌさんを
看取る覚悟をしていたのですが
予想の遙か上の幕引きでした。

衰弱した姿を見せずに ぱーーんと一瞬で逝けるとは


4月6日12時10分ごろ死亡
6月7日がお誕生日 もう少しで15歳でした。

ってことは 14歳と10か月の犬生
10か月ぴったりでピリオドをうつあたりも芸が細かいとしか言えませんね。

ガブリーヌさん
あんた すごいよ。
素晴らしすぎる
もう尊敬しかありません。

こんな素敵なコーギーに出会えて わたくしは幸せでした。

ガブリーヌさんには大切なことを沢山教えてもらいました。

ほんとうにありがとう。
b0028270_23180196.jpg
またね。










[PR]
# by miri819 | 2018-04-08 17:43 | がぶりいぬ | Comments(53)

嬉し泣き

昨日
皮下点滴する近所の病院を長男@タジオに紹介してもらいました。

獣医先生は セカンドオピニオンの病院で書いていただいたカルテを読んで
むずかしそうな顔で
「たいへん厳しい状態ですががんばりましょう」と
皮下点滴していただきました。

点滴中 獣医先生が「これ食べて見る?」
とペースト状のフードをガブリーヌの鼻先に持っていくと
急にくんくん鼻を動かし
フードを食べはじめたのです。

数日間 全然 フードを食べられなかったガブリーヌが
フードを食べてるっ
口をあけてぺろぺろ食べてるっ

奇跡かっ!!

もうその様子を見て わたくし いきなり 号泣でした。
泣きながら隣をふと見るとパパさんも大号泣
いい年して大泣きする老夫婦でありました。

ガブリーヌがフードを食べてくれただだけで
こんなにうれしいなんて
今まで生きていて
一番うれしいことでした。

『心がない』と言われていたわたくしに
こんな感情があったとはっ
ガブリーヌさんのおかげで
わたくしにも人の心があったことを確認できてよかったです。
ありがとうガブリーヌさん。

「心配だったけどフードを食べれればまだ希望はありますよ。
がんばりましょう」と獣医さんに励まされ
嬉し涙でお会計

金曜日から 毎日点滴に通うことになりました。

点滴後のガブリーヌさんは いままでとは見違える回復ぶりで
家に帰ってもフードを食べ
b0028270_23230909.jpg
自分でてけてけ歩いてベットの片隅に鎮座
まるで病気する前のような表情になっておりました。
b0028270_23231328.jpg

ミラクルっ

家族全員 その奇跡に沸いた一日でありました。



[PR]
# by miri819 | 2018-04-06 23:22 | がぶりいぬ | Comments(0)

セカンドオピニオン

長女@ぶたきょんや皆様の強いプッシュで
昨日、遠方にある犬の心臓の権威の病院へ行ってきました。
(最新設備の整った近代的な病院でした)
b0028270_20594615.jpg
迅速にエックス線・超音波・血液検査などが行われました。
そして 驚きの結果に 一同 泣き崩れたのであります。

『心臓の働きが弱っている』と言われて毎日
心臓を動かす薬を投入していたのですが

なんと ガブリーヌさんの心臓は正常
それどころかもうすぐ15歳とは思えないほど 
しっかりした驚くほど元気な心臓なのだそうです。

コーギーさんに多いという肺高血圧症も大丈夫.]

それじゃ この ブルブルやぐったりや食欲不振の原因はというと
慢性の腎不全
それも末期のステージ4
大変厳しい数値が出ております。
余命はそんなに長くないと・・・

この病気は治ることはないので
ここまできてしまうと
もうあとは皮下点滴で水分補給するぐらいしか
治療方法は、ありませんと言われ
号泣する長女@ぶたきょん

心臓じゃなかった・・・
元気な心臓に 心臓の薬を投入されていたなんて
ショックです。

苦しかったね ごめんね 申し訳ない
ガブリーヌに謝るしかできませんでした。

心臓が原因と言われ もう歳だからしょうがないなとあきらめて
そのまま 自分の頭で考えもせず
診断を鵜呑みにしてせっせとあの病院に通っていたわたくしの無知が
ガブリーヌを苦しめていたなんて
とても悔しいです。
今思えば 転院のチャンスは もっと早くあったのにっ

心臓病の権威の病院で皮下点滴をしていただいて
その日は帰りました。

今後はセカンドオピニオンの病院は通院には遠いので
自宅近くの病院で皮下点滴をしていただくことになりますが
いままで通っていた病院にはもう行きたくないので
他の病院を探そうということになりました。

重苦しく悲しい空気が大熊猫家を包み
夜は次女@ミリが 泣きながら
「リビングに布団を敷いてガブリーヌの隣で寝る」と言うので
最後かもしれないと そのようにしたのですが

夜中に奇跡がっ

いままで寝たきりだったガブリーヌさんが
むくりと起きだし
水をごくごく飲んだあとおしっこを床でして
ミリの布団のそばを通って
少し離れた床で寝だしたそうです。

「ミリのことが苦手だったから 離れちゃったのかな」
動いてくれたことに喜びながらも
少し複雑な心境のミリなのでありました。

さすが心臓病の権威の病院
点滴の効果が表れてきたっ?

そういえば もうゼイゼイしてないわっ

苦しそうだった呼吸が整っているっ

ちょっと光が見えてきた大熊猫家なのでありました。

それにしても1週間も逆の治療してたって・・・
ああ、もっと早くセカンドオピニオンに行っていれば
こんな苦しい思いさせなくてすんだのに
申し訳ない気持ちでいっぱいの大熊猫母さんなのであります。

結論 
病院は、ずっと診ててもらってたからとか惰性で選択しちゃだめ
不安があったら ぐずぐすしてないで
ぴりっと
評判のいい設備の整っている病院のドアを叩かないとだめなんだなと
学びました。

b0028270_20594348.jpg

[PR]
# by miri819 | 2018-04-05 20:57 | がぶりいぬ | Comments(32)

コーギー枕

ガブリーヌさんお気に入りのリラックマさん枕に
b0028270_22032227.jpg
新しい枕が加わりました。

次女@ミリの手枕であります。
b0028270_22032734.jpg
腕を出したら そこで眠ってしまったそうな。

やっと打ち解けた?笑


追伸
本日セカンドオピニオン行ってきました。
そのお話は また明日。

[PR]
# by miri819 | 2018-04-04 22:09 | がぶりいぬ | Comments(4)

プライド

病床のガブリーヌさん
ベットから立てないときがたまにあるので
お試しでおむつを装着してみましたところ
一時間後・・・・・・・
器用におむつがはずされておりました。
b0028270_22251980.jpg
そして 数メートル先のマットの上に
おしっこが(笑)
b0028270_22252191.jpg
おむつはプライドが許さなかった模様。
b0028270_22252368.jpg
おむつはNGですが
カートはOKらしいです。
カートはお姫様が乗る馬車だから?(笑)

[PR]
# by miri819 | 2018-04-03 22:31 | がぶりいぬ | Comments(14)

ぶたきょんとお散歩

春のお散歩
長女@ぶたきょんと旦那さんが参加してくれた画像も
景気づけに貼っておきます。
b0028270_19550680.jpg
ほんの数週間前は こんなに元気だったのになぁ
b0028270_19551018.jpg
望みを捨てていないぶたきょんは
他の病院へのセカンドオピニオンの提案をはじめました。
b0028270_19551203.jpg
体温がちょい低めなので 毛布で包まれたガブリーヌさん
b0028270_19551660.jpg
わたしくしに いぬやしきさんばりのハンドパワーがあればなぁ



[PR]
# by miri819 | 2018-04-02 20:14 | がぶりいぬ | Comments(20)

ガブリーヌさんの日常


by 大熊猫母さん